どんな学校に通う?

理学療法士になるためには、少なくとも高校卒業の資格が必要です。 その後、文部科学省または、厚生労働大臣が指定した学校(養成施設)で3年以上所定の科目を学び、国家試験の受験資格を得ることが必要です。 4年制大学の他、3年制の短大がありますが、3年制の短大は減少傾向です。 かつては、国立大学付属の医療技術短大として3年制の養成施設がありましたが、最近の時代の流れもあってか、 短大は廃止となり医学部の1学科に位置づけられて4年制となっています。

また、全国的に新設大学や新設の専門学校も多くみられます。 4年制・3年制の専門学校などがあります。 また日中授業が行われる昼間部型のほか、夜間に授業が行われる夜間部型もあります。  一度社会人を経験してから理学療法士を目指す人も少なくはなく、大学の社会人入学を利用する人もいます。 また、専門学校の夜間部には、日中働きながら通う人も少なくありません。

そのため、様々な経歴や年代の人が同級生として一緒に学ぶ可能性があります。 公益社団法人理学療法士協会のホームページには、各地の養成施設が一覧として掲載されています。 大学や専門学校によって基本的な科目に大きな変わりはありませんが、学校の雰囲気や、国家試験の合格率、就職率なども異なります できれば、事前にオープンキャンパスや学校説明会を利用して見学に行っておくと良いでしょう。